この世に女が存在する限り、トラブル女子が発生し続ける。略して『トラジョ』

トラジョ〜トラブル女子の全貌

未分類

バカキャラを演じる女の7つの特徴と対策

投稿日:

Pocket

バカキャラを演じる女の7つの特徴と対策

バカキャラを演じる女は、わざとバカな発言をして周囲の注目を浴び目立とうとする女です。バカな女イコール可愛いという思考のもと、異性ウケを狙ってバカキャラを演じます。“俺がいないとダメ”と思わせるために的外れなバカ発言をする…そんなウザいバカキャラを演じる女にはどのような特徴があるのでしょうか?



要するにぶ○っ子!バカキャラ演技女の特徴7つと対策

バカな発言で異性からモテようとする、そんなバカキャラを演じる女には7つの特徴があります。バカキャラを演じる女は非常に計算高く、女同士になるとその本性を表します。バカキャラを演じる女にイラっとさせられないよう、詳細を一緒に見ていきましょう。

①声がやたらよく通る

元々なのか演技に磨きをかけていく中で培ったのか、バカキャラを演じる女は声が大きくよく通る声質を持ち合わせています。そのため大人数でいても、バカキャラを演じる女が発する言葉は大抵誰かに拾われます。気付かれずスルーされたり何度も聞き直されることがないので、バカキャラを演じる女はここに密かな自負を感じています。自分は人気者である、注目されているなどバカキャラを演じる女は周りの反応をポジティブに解釈し、臆することなくバカ発言をします。

②身振り手振りが大げさ

バカキャラと言えば「リアクションが大きい」というイメージを持っている方も多いかもしれません。バカキャラを演じる女もここには特に気を遣い、異常に大きなリアクションをとります。またバカキャラを演じる女は、身振り手振りも大げさです。話す際の一挙手一投足がやたらに大きく、女はそれが「バカ」に見えることを分かった上でやっています。

③計算高さが半端じゃない

バカキャラを演じる女の計算高さは、そこいらの女の計算とは一段も二段も上のものです。ぶりっ子や駆け引き女などの計算よりも更に高いレベルで、頭の回転の速さを要します。何故ならわざとバカな発言をするためには「正解」を知っている必要があり、それをどう間違えたらウケたり気に入られたりするかを瞬時に考える必要があるからです。その考えがズレていて全くウケない女は論外ですが、一定の笑いを誘える女に関しては相当速いスピードで頭を動かし計算していることでしょう。バカキャラを演じる女同士では、その発言がウケているかそうでないかによって格付けが行われているかもしれません。

④天然バカ発言に嫉妬する

バカキャラを演じる女は、自分以外の女のバカ発言に嫉妬します。それがウケて注目がそちら側に向けられるとなお嫉妬に狂い、密かに復習心を募らせていきます。バカキャラを演じる女が最も恐れているのは、天然でバカ発言をする女です。お嬢様育ちで一見近寄りがたいのに予想外なバカ発言で周りを和ませる、普段は大人しくて綺麗なタイプなのにふとした時にバカ発言をして爆笑の渦に巻き込む…そんな「天然系」は、バカキャラを演じる女の最大の敵です。天然系は発言の後に周囲の反応を見て恥ずかしがったり焦って訂正したりして、それも可愛らしく周囲から好感を買います。バカキャラを演じる女はいっそう嫉妬心を燃やし、天然系よりも注目を浴びるバカ発言を考えることに必死になります。

⑤芸能人を研究する

タレントや女性モデルなど、芸能人の中でおバカキャラが増えています。バカキャラを演じる女はそういったおバカキャラの芸能人をよく研究しています。発言や仕草、表情など細かいところまでチェックしテクニックを盗みます。バカキャラを演じる女は研究熱心で、“この発言はあの人にウケそう”、“この表情は私ならもっと可愛くできる”など日頃の自分周りのシチュエーションに応じて使うことを想定しながら学んでいます。芸能界のことにやたらと詳しかったりゴシップネタが好きだったりする女は要注意です。

⑥女同士の時は演じない

バカキャラを演じる女は、女同士だけでいる時にはそのスイッチをオフにします。バカキャラが封印され通常モードになると、異性といる時に比べて「冷酷」「非人情」「憎たらしい」などの言葉が似合うようになります。具体的には、正しいとは言えストレート過ぎる表現を口にしたり、あまりに冷静で人間味を感じない一言を発したりします。これは、バカキャラを演じる女の本性が見えていると言っても過言ではありません。普段は異性の目を気にし気に入られようとバカキャラを演じるために働かせている頭を休ませ、素の状態になっています。バカキャラを演じる女にとって異性ウケを一切気にしなくて良い女同士の環境は「可愛くいる必要がない」イコール「バカにならなくて良い」ということになっています。

⑦金銭感覚がシビア

バカキャラを演じる女はお金にうるさく「節約好き」や「ケチ」が多いです。異性の前ではそれを隠しますが、例え一円でもお金を貸した相手のことはずっと覚えています。バカキャラを演じる女は常に色々な場面で「どんなバカ発言をすればウケるか」を計算しているので、元来の性格も細かい気質を持っている割合が高いです。お金への執着も強く持っており「付き合う男性は年収600万円以上」など金銭の面でハードルを設けている可能性も高いです。ただしそれを公言することは絶対にありません。逆に“そういうのわかんな〜い”とバカキャラを演じる一つの項目になり得ます。

対策

バカキャラを演じる女は大きく括ると「ぶりっ子」と同類です。そのため最も良いのはとにかく関わらないことですが、“一発お見舞いしてやりたい!” ということであれば別の方法での対処をオススメします。その方法は二つあり、一つは「本当のバカ」という雰囲気に持っていくこと、二つ目は「演技」だと周囲に分からせることです。一つ目は「え…○○ちゃん、大丈夫? それヤバくない?」と、本気で心配しているように見せかけることです。バカキャラを演じる女は異性ウケを狙っているだけで、同性にバカにされることは嫌います。同性から「大丈夫?」と言われることでプライドが傷つき、平常心を失う可能性が高まり打撃を与えることができることでしょう。二つ目は「○○ちゃん、普段は頭いいのに今日は変だね」「そんなおバカだったっけ?」など、演技であることをさり気なく周囲に知らせると良いでしょう。バカキャラを演じる女は異性に「ぶりっ子」と思われたくないが故に内心とても焦ります。こちらも相当な打撃を与えることができるので、どうしてもイライラがおさまらない時はぜひ試してみてください。


いかがでしたでしょうか? バカキャラを演じる女は二面性を持っており、深く関わると嫌な気持ちにさせられることが多くなります。特徴をおさえれば演技なのかを判断することができ、バカキャラを演じる女に痛い思いをさせることもできます。少しでもイライラを解消できるよう、ぜひ参考にしてみてください。



-未分類
-

Copyright© トラジョ〜トラブル女子の全貌 , 2022 All Rights Reserved.